fc2ブログ

記事一覧

インデックス投資の運用状況 (2020年9月) また少し回復。

毎月の投資(積立)をした日にインデックス投資の運用成績もチェックしています。 今月は先月に続き、するするっと株式市場が回復してきていますね。 さて、今月の運用状況は?(運用利回り(目標)、リスクは以前の記事:リバランスどころか資産割合を見直し(その2) 参照)運用利回りは前月から変わらず。(±0%)総資産の増減率、いわゆるリスクは▲0.7%。 (0.3%改善)保有資産額は2~3月の市場暴落時からすっ...

続きを読む

2020年9月の積み立て投資を実行 いつも通り粛々と投資。

2020年9月の積立投資をしました! 先月と同じ投資信託、同じ金額で投資完了。今年の積み立て投資も3/4が終わり、残り 1/3。 早いものです。機関投資家に比べて、個人投資家の有利なところは”時間”と言われています。個人であれば、機関投資家やファンドマネージャーと異なり、四半期ごと、1年ごと等の一定期間で成果を上げたり、外部から要求されることもなく、自分自身の人生計画に沿って、長期間腰を据えて投資すること...

続きを読む

外国債券と国内債券のパフォーマンスを比較していく (その18) 前回に続き、さらに向上!

いろいろ異論がでている外国債券への投資ですが、個人的に去年の1月から外国債券の積立をしています。とはいえ、外国債券の基準価額は為替の影響で簡単に上下しますので、本当に大丈夫かな?という不安があります。 そこで積立投資をしながらも、国内債券へ投資した場合と比較して、外国債券投資のパフォーマンスを検証していこう、という主旨の第18回目です。 (気休めです。)前回から2か月経過し、株式市場が回復する中、...

続きを読む

為替ヘッジ ありか、なしか。 円安予想をしているわけではありませんが、個人的にはなしで!

外国株式や外国債券を買うときに為替ヘッジあり、なしをどうするか考えますよね。為替ヘッジ ありか、なしか外国株や外国債券などの投資信託を買うときに迷うのが、円相場の影響を受けない為替ヘッジありにするか、ヘッジなしにするかだろう。 通常は円高が進めばヘッジありが、円安ならヘッジなしのリターンが大きくなる。 しかし、為替相場の先行き予想は難しい。 (中略) リターンを見ると債券も株式も、旗艦が1,3,5年で...

続きを読む

国内初の”成果報酬型”投信が出るようです。 

三菱UFJ国際投信から国内初の”成果報酬型”の投信が出るようです。「成果報酬型」投信に参入三菱UFJ国際投信が「成果報酬型」の投資信託の運用を今月始める。 基準価格(時価)の最高値更新時だけ運用報酬を得る。 販売会社を介さない直販で国内初。 (中略) 投資家は投信の保有残高に応じて信託報酬を支払う。 三菱UFJ国債が23日に設定する投信は運用担当者が銘柄選別する日本株の「アクティブ型投信」で、信託報酬は信託銀分の...

続きを読む

バフェット投資 鈍い波及。 ・・・ といっても、それなり上がってるような。

すでにいろいろなところでニュースになっていますので、今更感がありますが、バークシャー・ハザウェイが日本の総合商社5社の株を取得したそうです。バフェット投資、鈍い波及著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる米投資会社バークシャー・ハザウェイが日本の5大総合商社株を取得した余韻が冷めない。 ただ「なぜ商社か」。 株式市場の関係者はまだふに落ちていない。 (中略) 「外国人投資家は足の速いヘッジファンド...

続きを読む

世界株 時価総額最高(9,400兆円)に。 復活の兆し? 上がりすぎ?

8月末時の世界株の時価総額が最高(9,400兆円)になったそうです。 世界株 時価総額最高に世界の株式時価総額膨らんでいる。 8月末時点で89超ドル(9,400兆円) 強と、月末ベースでは2019年12月以来8か月ぶりに過去最高を更新した。 米中がけん引し、新型コロナウイルスによる消失分を取り戻した。 (中略) 世界の投資マネーが米国株に向かっており、31日の米国市場では電気自動車テスラの売買代金が、わずか...

続きを読む

個別株投資 8月の運用状況  7月に続き、さらに回復!

毎月の定例ですが、8月末時点の個別株の運用成績 (vs 市場平均 (日経平均株価))を確認しました!まず、保有株式のカテゴリー毎の資産額割合の確認から。サービス ▲3%、情報・通信 ▲1%、建設 +1%、その他製造 +2%、ETF +1%。相対的に上がった銘柄、下がった銘柄がありましたが、全体的な資産額は増加したようです。 さて、8月末の個別株のパフォーマンスをは??(市場平均(ニッセイ日経225インデックスファ...

続きを読む

暑い9月は株安傾向に?  株安で株高でもどちらでも構いませんが。。

残暑の厳しい9月は株安傾向にあるそうです。。暑い9月は株安傾向に残暑が厳しい9月は株安になりやすい。 1970年から2019年までの50年間の気温データと日経平均株価を、日経アセットマネジメントの吉野貴晶氏が分析した。 9月に最高気温が30度以上の真夏日を記録した日が10日以上あった17年分の株価を見えると、9月は平均で1.82%下げている。(中略) 吉野氏は「暑いままだと衣料品が外食、レジャーなど...

続きを読む

プロフィール

こ哲

Author:こ哲
見よう見まねで投資を始めるも、方針が定まらずあっちへフラフラ、こっちへフラフラ。インデックス投資に出会い、2013年春から投資を開始。ときおり訪れる市場の乱高下に動揺しつながら、インデックス投資を軸にいろいろ実践中(勉強中)です。ご興味ある方はいつでもご連絡をお待ちしています。なかなか投資の会話ができないという方も気軽に情報共有しながら、学び、経験をしていければと思っています。(”非公開コメント”をしてもらえれば、こちらからご連絡します!)

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

今日の株価&為替

アクセスカウンター

コンパクト月別アーカイブ